MCC Duoとは

  • 青木理恵と猪俣恭子のふたりのMCC(国際コーチング連盟マスター認定コーチ)による
  •  コーチングセッションと解説
  • コーチングトーク

ICF(International Coaching Federation)とは

米国・ワシントンDCに本部を置き、コーチングにおいて世界で最も信頼され、権威のある団体。 コーチング業界、ならびにコーチの社会的地位を確立することを目的に、1995年に設立され、グローバルに発展するコーチングの倫理とコンピテンシーを定めている。

ICFの認定資格は「コーチの倫理とコンピテンシー」に基づき、「世界的なコーチの基準を満たしている」と判断されたコーチにのみ与えられる資格。

世界各国において「コーチとして専門的な教育を受けたこと」の証明となっており、コーチの世界基準とされる。

目次

青木理恵さん・猪俣恭子さん
青木理恵さん・猪俣恭子さんMCC Duo

インタビュアー

渡辺照子さん
渡辺照子さんTERUコミュニケーションステージ代表
MCC Duoメンターコーチ http://www.coach-teru.net/ ・コーチング好きなコーチ ・コミュニケーションが活性化した社会で人々が暮らしやすくなるよう、企業・医療機関・地方公共団体等で、研修や講演活動を行う ・国際コーチング連盟マスター認定コーチ

1-MCC Duoって何?

MCC Duoができたきっかけ、活動に対しての思い、そしてそれぞれのコーチングとの出会い

渡辺照子
渡辺照子
今日はよろしくお願いします。

現在、MCCの資格を持っているコーチは、日本では36名と聞いています。(※)

MCC Duoでは二人のコーチングセッションをライブで行った動画をのせてくれるとか。
また、ご自身がされたコーチングセッションの解説までされるそうですね。面白そう!

では、それを始めようと思ったきっかけは何ですか?

※MCC資格保有者情報(2020年3月現在)
世界中で、ICF認定コーチ資格保持者は27,328名。日本人の資格保持者は555名。

そもそも私たちの距離が近づいたのは、青木さんが私にMCC合格のサポートを依頼してくださってからです。

努力の甲斐あり、青木さんがMCCに合格された後のセッションで、青木さんがこう言ったんです。

「ずっと憧れていたMCCになったけど…。
私はMCCとしてこれからどのように貢献できるのかしら?」

って。
この問いがきっかけですね。

それで、いろんなことを思い出しました。
コーチングを学んだ2004年から今までの道のりを。
MCCに合格するまで長かったなあ、って。

猪俣恭子
猪俣恭子
ええ、本当に長かった。
いろいろな先輩コーチの後ろ姿を追いかけて、いつか…と思っていました。
青木理恵
青木理恵
そうそう。

私たちが学んでいたあの当時って、国内や海外のICFマスターコーチのコーチング・デモンストレーションを直接見る機会があって、それがとてもよかった。

マスターコーチって、あんなところまで聞きとるんだ。
ここでこんな質問をするんだ。
こんなふうにフィードバックするんだ。

…と。

優れたコーチがしていることをリスト化した「コーチのコアコンピテンシー」というものがありますが、まさにそのコンピテンシーを体現したものでした。

デモンストレーションを目の当たりにし、感動し、夢中でメモをとりました。
そして、そのメモがぼろぼろになるまで、何回も読み直したものです。

猪俣恭子
猪俣恭子
渡辺照子
渡辺照子
ぼろぼろになるまで…。
ええ。
大切な箇所はノートに書き写したりもしました。

あの会場で感じたマスターコーチのコーチングの世界観をイメージしながら、コーチングに取りくんでいたものです。
それがコーチングのレベルアップに一番よかったかな。

私たちはラッキーだったと思います。
そうしたマスターコーチのセッションに直接ふれられて、コーチとして目ざす姿をイメージできましたからね。

でも、今はすっかり、そういう機会がなくなりました。

コーチングがもっと上手くなりたい…と思う人たちはたくさんいます。
でも、同時に迷っていると思うんです。

どうしたらコーチのコンピテンシーに書いてあるようなコーチングができるの?
って。

モデルになるコーチはたくさんいます。
でも、そのコーチたちのセッションを見られる機会は自分がクライアントにでもならない限り、ないですから。

猪俣恭子
猪俣恭子
渡辺照子
渡辺照子
本当に、他のコーチのセッションを見られる機会は、ありませんよね。
だから「あの時のあのマスターコーチのように、今度は私たちがやる番だよね」と。
「私たちのコーチングセッションを見ていただいて、そういう方たちの役に立てばいいね」と。

そう青木さんと話し合ったことが、このMCC Duoをやろうとした一番のきっかけです。

猪俣恭子
猪俣恭子
コーチングセッションって、コーチとクライアントだけの密室で行われているじゃないですか。
私は、コーチングが上手くなりたいと思った時、その素晴らしいコーチの密室を覗きたかったんです。
青木理恵
青木理恵
ああ、確かに!
猪俣恭子
猪俣恭子
コーチングのカラクリを知りたかった。
だけど、どこを調べてもわからなくて。
どうやったらなれるのかが、本当にわからなくって…。

MCCに近づきたいけれど近づけない、孤独な旅でした。

だから今回の企画によって、少しでもみなさんの力になれたらと思っています。

私たちのセッションが正解、ってわけじゃないんです。
でも、こういうこと(MCC Duo)をやることで、私もまたMCCとして、もっとパワフルなコーチになりたいと思っているんです。

青木理恵
青木理恵
渡辺照子
渡辺照子
いいですねぇ。

MCC Duoのこだわりとして「セッションの解説もされる」とのことですが。

かつての私がそうだったように、コーチングが上手くなりたいみなさんにとって1番知りたいことって、「コーチがどんな意図を持ってセッションを進めているのか」ということだと思うんです。

ごく自然に話しているように見えるセッションも、実はその裏側には、コーチの明確な意図があり、戦略が張り巡らされているんです。

セッションの解説については、そんな種明かしも含めてお話ししていきたいと思っています。

青木理恵
青木理恵
まだアイディアレベルですけど、一人のクライアントを私と青木さんが途中で交代しながらコーチングしたり、交互にセッションしたり、同じテーマで二人がそれぞれにコーチングしたり…と、いろいろ考えています。

私たち二人による、コーチング談義もする予定です。
動画を見ている方が「コーチングって面白い」って思ってくれたら、嬉しいです。

猪俣恭子
猪俣恭子
そうですね。

ICFのコアコンピテンシー、つまり「国際コーチング連盟のコーチングの基準」は、私たちがセッションを行う時、常に意識して大切にしていることです。この動画では、世界基準のコーチングを知っていただくためにも、ICFのコアコンピテンシーをベースに進めていきます。

でも、気楽に楽しんでもらいたいですね。

動画をご覧になるみなさんが、コーチングを日々の生活やお仕事に活用することで、ご自身の人生が豊かになるよう、しなやかにシフトしていくイメージを重ね合わせていただけたら、と思います。

また、コーチを選ぶ時の参考にもしていただけるんじゃないかな?

青木理恵
青木理恵
渡辺照子
渡辺照子
お話を聞いていると、MCCという資格を得て、単に自分のためだけじゃなくて、得たからこそ何ができるのか…っていうふうに思ったところで、それぞれの思いが合致したんですね。

おふたりがどんな世界を織りなすのか、いよいよ楽しみになってきました。

是非、失敗体験も聞きたいです。どうやって乗り越えてきたのかも。

ええ、たくさんありますよ~~。
青木理恵
青木理恵
猪俣恭子
猪俣恭子

2-コーチングとの出会い

渡辺照子
渡辺照子
おふたりはいつ、コーチングと出会ったんですか?
私は2004年。
青木理恵
青木理恵
私もです。同じ頃ですね。
猪俣恭子
猪俣恭子
NYから帰国した、2004年のことです。バブルが弾けた日本で、ピアノ教師の私は生徒募集に苦労していました。
何をやってもうまくいかず、毎日、泣いてばかりで。

その時たまたま、電車の吊り広告で『やる気を引き出すコーチングセミナー』という言葉を見かけました。

「何、これ?
やる気なんて引き出せるものなの?
それなら、今の私のやる気を引き出してみせて〜〜(泣)」

青木理恵
青木理恵
渡辺照子
渡辺照子
猪俣恭子
猪俣恭子
期待と疑いが交錯したまま、私はそのセミナーに行ってみました。

会場には、懐疑的な目つきのおじさんや、興味本位でやってきた私みたいな参加者が60名ほど。
私はだんだん、緊張してきてしまって。

ところが、にこやかに登場したコーチトゥエンティワン(現コーチ・エィ)の女性コーチが和やかに話しはじめ、ワークを進めていくと…。

まあ、おじさんたちが、変身していく、変身していく!
参加者している全員のやる気が高くなっていって、終わりの頃には「これから何をしていくか」が確実に決まっていったんです。

まるで、魔法か手品を見ているようでした。
私、たった90分でコーチングと恋に落ちたんです(笑)

青木理恵
青木理恵
渡辺照子
渡辺照子
恋に落ちた!(笑)
そうなんです。恋に落ちたんですよ。

そして、思いました。
『私、絶対このスキルがほしい』『一流のコーチになりたい。なるんだ!』って。

すると、その思いがおへそのところからグルグルと竜巻のようにうずまいて、頭のてっぺんまで出てきました。
まだ、コーチングのクラスを申し込んでもいないのにね!(笑)

もう、その後はコーチのトレーニングに苦しみもがきながらも、成長が嬉しくって楽しくって。
草原に放たれた馬のようにパカパカとどこまでも走っていきました。

青木理恵
青木理恵
ドラマティックだなあ。私とは大違い。
猪俣恭子
猪俣恭子
渡辺照子
渡辺照子
猪俣さんは?
当時は、実家の印刷会社で後継者の立場で働いていました。
社員とのコミュニケーションのとり方にすごく迷っていたんです。

その前は銀行で働いていたんですが、そこは「いかにうまく指導するか」のような、上下関係で成り立つコミュニケーションでした。

でも印刷会社の人間関係って、ひとつのチームというか、社長を中心にしたもっとフラットな感じだったんですよね。

どんなふうにコミュニケーションとったらいいものかと、そうとう戸惑いました。
社員がうちの会社でやりがいをもって働いてくれたら…と思っているけど、どうも肝心の関係が上手くいっていないなあ、と。

そこで、思いきって入社三年目の若手社員に聞いてみたんです。

私のコミュニケシーョンのとり方ってどう?
絶対怒らないから、本当のことを言ってくれる?

改善したほうがいいところがあれば改善するから!

と。

猪俣恭子
猪俣恭子
渡辺照子
渡辺照子
わあ、勇気ありますね。
ええ、どきどきしました。いいことだけ言ってほしい、って思いながらでしたよ。

彼女は開口一番、こう言いました。
「猪俣さんの言っていることや、やっていることは正しいです」
これを聞いた時に、とっても安心しました。

ああよかった、私がやっていることは間違っていないんじゃないって。

しかし、間髪いれず彼女は「でも」と続け、「私たちのことをもっとわかってくれてもいいんじゃないですか」と。

これはショックでしたね。

同時に、やっぱりなぁと思いました。
「私は社員と信頼関係をつくることに失敗している」と直感で感じたんです。

彼女はとても大切なことを教えてくれたんですよ。
「人は正論だけじゃ動かない」っていう。

「何を言うかじゃなくて、誰が言うかが大切なんだ」って。
もう自分の何かを変えない限り、何も変わらない。

そんな時にビジネス雑誌で「コーチングでチームワークを改善」とか「リーダーシップを高める」という記事を見かけたんです。

これだ!
…と。

藁をもすがる思いで、コーチトゥエンティワン(現 コーチエィ)のコーチトレーニングプログラムを申し込んだ、それがきっかけです。

猪俣恭子
猪俣恭子
渡辺照子
渡辺照子
そういうことがあったけど、今は違う場所にいるんですね。
そうですね。
私はどちらかというと、メンター的な関わりのほうが得意だし好きだったから、コーチは向いていない、辞めようと随分長いこと思っていましたし。

コーチングの勘がつかめるまで、そうだなあ。
14年くらいかかったかも。

私の場合ですけれどもね。

猪俣恭子
猪俣恭子
渡辺照子
渡辺照子
14年、ほんとうですか?!
コーチングを学び始めて14年というのは…。
そう、2018年ですからMCCに合格した年。

合格してはじめて「このコーチングの方向で大丈夫だぞ」とようやく確信が持てたように思います。
セッション時間数は2800時間くらいのところですね。

猪俣恭子
猪俣恭子
渡辺照子
渡辺照子
でも、コーチングは自分に向いていないと思いながら、どうして続けられたんですか?
コーチングの本質的な良さを信じていたからだと思います。

アドバイスされてじゃない、助けもらうのでもない、教えられるのでもない、自分の力で答えを見つける、創るということに価値をすごく感じていました。
本当の意味で自由な人って、そういうことができる人なんじゃないかな、って。

だから、そういうことを相手にもたらすことができる人になりたかったというのが、結局辞めなかった理由かな。

猪俣恭子
猪俣恭子
同じくらいにスタートしたのに、こんなところにも違いがでますよね。

私はほんとうに野原に放たれた…楽しい、楽しいって。
辞めたいとか悩むことは一回もないですよ。

全然、違いますねえ。

青木理恵
青木理恵
渡辺照子
渡辺照子
面白いですね。

プロセスが全然違うふたりが今、同じ場所にいて、何かをしようとしている。
素晴らしいものが生まれそうです。

次のページへ
最後のページへ